長期間ログインされておりません
[PR] 広告主様募集



台風対策情報

トップへ

・水害&土砂崩れ対策(事前の準備・避難時の注意点など)
+

←前|次→|最初最新(1-4/4)

[1]
水害対策(東京近辺)
水害の被災・避難の体験談など

「避難指示」は、3段階ある避難情報のうち1番ヤバい時に出るやつ
家財道具は2階へ、避難時はブレーカーを落とすこと、貴重品は持って行くこと

■リンク集 →もっと見る
気象庁 洪水情報
http://www.jma.go.jp/jp/flood/
気象庁 土砂災害警戒情報
http://www.jma.go.jp/jp/dosha/
気象庁 土砂災害警戒判定メッシュ情報
http://www.jma.go.jp/jp/doshamesh
土砂災害から身を守る3つのポイント/政府広報オンライン

■川の水が溢れそうになったら
▲避難前
・テレビやラジオで情報収集
・家財道具を高いところに移動
・避難の準備
・避難先の確認

▲避難時
・ガスの元栓・ブレーカーを切る
・戸締まりの確認
・避難で無人になった地域には空き巣が来るので、貴重品は持って行く
・隣近所に声を掛け合って、助け合って避難する
・車では避難しない
・逃げ遅れたら近くの高い建物へ


■避難の際に持っていくものなど(3日分〜)
・食糧、飲み物、毛布、衣類、上着、ラジオと予備の電池
※台風での避難時は自宅に戻れるまで3日位かかることも多い。
 鬼怒川氾濫では1週間以上避難所から自宅に戻れない地域もあった。
 水、食料、下着などは避難所で邪魔にならない範囲で不足しないように。

※@akino_murmuraさんのツイートより
・氾濫が起きそうなら、バッグに食糧、飲み物、毛布、衣類を詰めておく。上着もあるといい
・一旦大規模な氾濫が起きると、水はしばらく引かない

※アパート1階が水没した人の話(@roynokyuukyokuさんのツイートより)
・電気が止まってテレビがつかず、情報が入ってこない
・水道が止まって水が使えない


■注意点
・雨が止んでからも川の水位の上昇は続く
・川が氾濫するとあっという間に民家のある場所まで水が来る。避難勧告が出たら早めに避難すること
・一旦氾濫すると水はなかなか引かない。長期の避難を想定すること
・一ヶ所で長時間大雨が続くと危険。雨雲の移動速度が遅いときは注意
・雨が降るペースが下水道の処理能力を超えると、下水が逆流して溢れる。
・感染症の危険があるので溢れた下水にはなるべく浸からない、浸かったら早めに洗い流す

■河川用語(鬼怒川あふれるスレ291氏の解説)
溢水(いっすい):水があふれること。また、水をあふれさせること。「大雨で河川が―する」
越水(えっすい):水が溢れる状態。また堤防などの頂上から流出する水。越流水。溢水(いっすい)。

参考 http://www.cbr.mlit.go.jp/kisojyo/explanation/

.

-
2014/10/06 (Mon)

[2]
前線・台風などによって短時間に大量の雨が降ったときは、河川の氾濫・土砂崩れ等に注意。
1日の雨量がその地域の年間降水量の5〜10%を超えると土砂崩れ・水害が発生する可能性がある。

■水害に対する事前の対策
・家回りの危険物の除去
ベランダや庭などの家の回りに雨で流されそうなものがないか、吹き飛ばされそうなものがないかを確認。あれば片づけておく。

・家電製品の対策
電化製品を低い場所から高い場所に移動させ、漏電による停電を防ぐ。
低い位置にあるコンセントを抜き、漏電や家電製品が壊れるのを防ぐ。

■避難
・避難のしかた
地元の避難場所を事前に調べて、安全な避難経路を確認しておく。
子供、高齢者、病気の人などは早めに避難を。
長靴は水の中や障害物の上を歩きにくいので、紐靴の脱げにくいスニーカーなどを履く。
避難は2人以上で。はぐれないようにロープで体をつなぐといい。
マンホールや側溝の蓋が空いていたりする場合があるので、杖・傘・長い棒などで足元を確認しながら避難する。

・危険な場所に近づかない
危険な場所とは…
河川
水があふれ出たり、ふたの外れたマンホール
つまっている側溝
道路の低くなっているところ

・安全な場所へ移動する
 水が流れ込み始める前に地下階はからは早めに移動。
 病人や乳幼児は早めに安全な場所へ移動。
 外出中に危険が迫った時は近くの丈夫な高い建物に避難を。
 水深50cm以上になると徒歩での避難は危険(流される可能性があるため)。

・自宅で避難
 自宅が無事なら自宅の2階以上に避難。
救援物資が届くまでの3日分の食料の備蓄を用意。
むやみに外出しない。
貴重品・食料等も高い場所に移動。
 水害情報に注意を払う。


※参考サイト
http://gakusyu.hazardmap.pref.hyogo.jp/bousai/kouzui/?pid=learn03
http://www.google.co.jp/gwt/x?u=http://www.city.oita.oita.jp/www/contents/1366191989138/files/wagaya17.pdf
http://kleykulele.com/

-
2014/10/06 (Mon)

[3]
■避難準備、避難勧告、避難指示の違い

【鬼怒川】避難指示は決壊の後 茨城県常総市「分からない。混乱していたかもしれない」
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1442052763/

45 名無しさん@1周年 sage 2015/09/12(土) 20:01:24.61 ID:tlYgUXTK0
水位情報や水防警報(水防団の出動)を出すのは河川管理者(国)
水位情報を受けて避難情報を出すのは市町村であり、避難情報は
・避難準備(要介護者は避難してください)
・避難勧告(皆さん避難してください)
・避難指示(皆避難しろ!)
に分かれる。

水位情報はレベル1から5まである(字にすると長いので略)のだが
避難準備情報はレベル2か3に至りそうな場合に発表するもの
レベル4(満杯の手前)や5(溢れた)なら避難指示が出ていないと
おかしい


■避難前・避難時の具体的な行動、服装など

▲避難前
・テレビやラジオで情報収集
・家財道具を高いところに移動
・避難の準備
・避難先の確認

▲避難時
・ガスの元栓・ブレーカーを切る
・戸締まりの確認
・隣近所に声を掛け合って、助け合って避難する
・車では避難しない(車は浸水すると動かなくなるので、緊急車両や歩行者の邪魔になる)
・万一逃げ遅れたら、近くの高い建物や自宅の2階へ避難する。

▲情報収集の手段
・テレビ
・ラジオ(地元のFM局で地域の情報が聞けることが多い)
・地域の防災無線、広報車

▲避難時の格好
・軍手
・ヘルメットまたは帽子
・スニーカー、トレッキングシューズなどの歩きやすい紐靴(長靴は水の中では歩きにくいので非推奨)
・雨ガッパ(両手が空くし風にも強いので、傘よりも良い。上下が分かれているものが良い)



参考
http://www.city.minami-alps.yamanashi.jp/hazard/pdf/pamphlet.pdf
http://www.google.co.jp/gwt/x?u=http://www.city.minami-alps.yamanashi.jp/hazard/pdf/pamphlet.pdf

-
2015/09/11 (Fri)

[4]
・冠水による車の水没には保険が効く ※ただし等級は下がる

【台風】埼玉県県内の4つの川で水あふれる
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1471848570/

547: 名無しさん@1周年 [sage] 2016/08/22(月) 19:35:09.54 ID:GfjdN/+H0

駐車場で水没は車両保険出るよ!
走行中も水深有るところに入って行って水没しても
対向車の波をかぶったらエンジン停止してしまったって言えば保険でるんだよ〜
知らなかっただろ〜

572: 名無しさん@1周年 [] 2016/08/22(月) 20:30:45.02 ID:HhBeaCkv0

>>547
等級下がるようになったけどな
前は据え置きだったけど


-
2016/08/22 (Mon)

戻る

←前|次→|最初最新(1-4/4)

[検索][管理]

「2ちゃんねる転載禁止」は無効です


.
- XRIA -











































- XRIA -